●お問い合わせメール ●サイトマップ
「IP-View」は、高画素高精細のラインセンサシステム開発キットです。購入してすぐにラインセンサでの撮影が可能です。

TOP事業概要製品開発・販売事業IP-View > サンプルプログラムのご紹介

ラインセンサシステム開発用キット
 IP-View

サンプルプログラムを起動すると以下の画面が表示されます。基本的なステージ制御から撮影、画像の保存までが実行できます。

 ※ 画面上をクリックすると説明文にジャンプします。

サンプルプログラム画面

1ステージのスピードを指定します。初期値は最速の5000PPSです。

2ステージの駆動ステップ数を指定します。右側にミリメートル換算値が表示されます。

3クリックすると、指定したスピードで駆動ステップ数分ステージを移動します。

4ステージを移動する方向を指定します。

5起動時を0ステップとして、ステージの移動ステップ位置を表示します。

▲画面を表示

6現在のステップ位置の値を0にリセットします。

7ラインセンサで、画像を撮影開始するステップ位置を指定します。

8クリックすると、ステージを移動して画像を撮影します。

9撮影した画像が表示されます。

10画像の表示指定です。クリックすると、画像を再表示します。

▲画面を表示

11クリックすると、撮影した画像をBMP形式でファイルに保存します。

12クリックすると、一度保存したBMP画像を読み込んで表示します。

13クリックすると、ステージの原点位置に移動します。

14カメラのパラメタ設定画面を表示します。

15クリックすると、ステージのスピードに合わせて撮影画像が縦横比1対1になるように、カメラパラメタを調整します。

▲画面を表示

16クリックするとプログラムを終了します。

TOP > 事業概要 > 製品開発・販売事業IP-View > サンプルプログラムのご紹介   ▲ページトップ 

●お問い合わせ ●サイトマップ ●ご利用にあたって