有限会社イグノスでは、画像処理による検査・測定システムの開発やコンサルティングを承っております。お気軽にご相談ください。

●お問い合わせメール ●サイトマップ

TOP画像処理って?画像処理の基本 > ノイズ除去

ノイズ除去

 画像には、カメラの撮像素子の不良などに起因するノイズ(雑音)が含まれている場合があります。ノイズはランダムな細かい変動成分で、画像処理には役立たない、または処理の妨げになるものです。

ノイズのある画像
*ノイズのある画像例

 画像から目的の情報を効率良く抽出するためには、ノイズをなるべく取り除いておくことが必要です。この前処理のことを、ノイズ除去、または平滑化といいます。

ノイズ除去の代表的な処理には、移動平均フィルター処理メディアンフィルター処理があります。画像処理で抽出するものに合わせて、ノイズ除去方法を選択します。

▲ページトップ

■移動平均フィルター処理

 移動平均フィルターは、各画素の値を、周辺画素の平均値に置き換える処理です。この処理をすると、全体的にエッジがなまった画像が生成されます。

平均フィルター法

ノイズのある画像 → 平均フィルター適用後
     *元画像         *平均フィルター適用後

▲ページトップ

■メディアンフィルター処理

 メディアンフィルターは、各画素の値を周辺画素の中央値に置き換える処理です。この処理は、移動平均フィルターと比べて入力画像のエッジを損なわない画像が得られます。

メディアンフィルター法

ノイズのある画像 → メディアンフィルター適用後
       *元画像        *メディアンフィルター適用後

▲ページトップ

[グレースケール変換]前 ←  → 次[2値化]

TOP > 画像処理って?画像処理の基本 > ノイズ除去   ▲ページトップ 

●お問い合わせ ●サイトマップ ●ご利用にあたって